ブログ

歯ブラシ交換のタイミングと保管方法

はじめまして
4月からうちの歯科クリニックで働いております、歯科衛生士の竹井です!

まだまだ一人前の衛生士ではありませんが、勉強や経験を重ね、頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します😊🌟

すっかり暖かくなり、桜もあっという間に散ってしまいましたね💦
とても過ごしやすい季節になり、お出かけなどもしやすいのではないのでしょうか?

さて今回は
《歯ブラシの交換時期と保管方法について》
をお話します。
歯ブラシの交換時期は約1カ月に1回が、目安と言われています🔄✨

私たちはお口の中のたくさんの菌を、小さな歯ブラシで毎日落としています。
歯ブラシを洗って乾燥させたとしてもブラシの毛束の根元には菌が繁殖してきます👿

また、歯ブラシが開いた状態で歯磨きをすると、清掃能力が落ちるだけではなく歯や歯茎を傷つける恐れがあります😭💦

ですから、毛先が開いてきたら1カ月経たない場合でも交換しましょう!!!

歯ブラシは、濡れた状態で保管してしまうと細菌が繁殖してしまいます👿!
ですから、歯ブラシ使用後は必ずよく水分を切り、乾燥させた状態で保管しておきましょう!コップなどに立てておくと良いかもしれません✨

また、分からない事があればうちのスタッフにお気軽に質問してください♩

それでは次回の更新をお楽しみに👀

タフトブラシの有効活用法✨

こんにちは!
アシスタントの中野です^^
3月も終わりにさしかかり、ポカポカ暖かな陽気になってきましたよね!
桜も満開になり春の訪れを感じさせますね🌸
公園まで手作りのお弁当持って、お花見いいですよねー(*^^*)
皆さんお花見には行かれましたか😊?

さて、今回はタフトブラシの有効的な活用法についてお話ししたいと思います。

1. タフトブラシとは?

タフトブラシって聞きなれない名前かと思いますが、歯の洗浄にはとても便利な用具です。
タフトブラシは一般的な歯ブラシとはブラシ先の形状が違い、先が小さくまとまっているので、磨きにくい部位をブラッシングするには最適なブラシです。

このようなブラシです😊

2. タフトブラシの効果的な使い方は?

タフトブラシは普通の歯ブラシでは磨きにくい部位を洗浄することが可能です。

◎ こんな部位に最適!◎

① 一番奥の歯
② 歯並びの悪い歯
③ 矯正装置の周り
④ 前歯の裏側
⑤ かぶせものの周り

このような部位は普通の歯ブラシでは磨きにくく、汚れが溜まりやすくなっているため、
虫歯の原因にもなってしまいます。
そこで、タフトブラシで補い有効的に使用することができます。

使い方としては、普通の歯ブラシでブラッシングした後、磨きづらいところをタフトブラシで小刻みにブラッシングして頂くのがオススメです。
力を入れ過ぎず、優しく丁寧に磨いてくださいね😊

うちの歯科でも、タフトブラシを販売しておりますので、
タフトブラシについて詳しく知りたい方はうちの歯科のスタッフや衛生士まで是非お尋ねください🍀

それでは、次回の更新をお楽しみに(*ˊᵕˋ*)♪

歯間ブラシの使い方🎶

こんにちは!
うちの歯科で受付をさせて頂いてます瀧野です☀️
最近変なお天気が続きますが皆様お身体にはお気をつけ下さいませ🙇‍♀️
今回は歯間ブラシの使用方法をお伝えさせて頂きます💡
食べ物がつまりやすい歯と歯の間は、ハブラシの毛先が届きにくく、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が残りやすい場所です。
歯磨きだけでは取り切れないプラークも、
歯間ブラシを使うことで効果的に取り除けます。
毛先が届きにくい歯間部の歯垢除去率は
歯ブラシのみ58%に対し、歯間ブラシを足して頂くだけで95%になります。
ではさっそく使用方法をお伝えさせて頂きます。

①歯間ブラシを使う時は鏡を見て使いましょう。

②まず歯茎に沿わせて斜めに当てます。そのまま歯間ブラシを隙間に対して水平にしてゆっくり入れます。前後に2~3回動かして使います。

③裏側からも同様に行うと効果的です。
入りずらい歯間にムリに入れると歯茎を傷つけてしまうので気をつけましょう。

いつもの歯磨きに歯間ブラシをプラスして頂き今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう✨✨

🌼フロスの使用方法🌼

こんにちは。歯科助手の石田です。
2月も後半になりましたね。皆様どうお過ごしですか?

今回はフロスの使用方法についてお伝えします😊

①1回の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の中指に2〜3回巻きつけ、指と指の間を1~2cmの長さにします。1回の使用分は40cmくらい。指の先からひじまでの長さが目安です。

②歯と歯の間にデンタルフロスをあて、横に動かしながら、ゆっくり歯と歯の間に入れます。鏡を見て場所を確認しながら使用してください。

③歯の根元まで入ったら、歯に巻きつけるようにして上下に動かし、歯垢を落とします。隣り合った歯の両方の面を清掃します。

④取り出す時も、横に動かしながらゆっくり取り出します。

*力を入れすぎてしまうと、歯茎が傷ついてしまうので、ゆっくり・優しく フロスを使ってみて下さい。

困った事や、分からないことがあれば うちの歯科クリニックのスタッフまでお声掛け下さい╰(*´︶`*)╯

キッズクラブ特典変更について★

こんにちは。
歯科助手の中島です。
まだまだ寒い日が続いていますが皆様体調はいかがでしょうか?

今日はキッズクラブの特典変更についてお話しさせていただきます。

キッズクラブとは0歳から12歳までのお子様限定の会員です。

①スタンプノートプレゼント
以前はデンタルノートをプレゼントしていましたがこちらがスタンプノートに変更しました。

②フッ素ジェルプレゼント
以前はレノビーゴでしたがフッ素ジェルに変更しました。モモ味とブドウ味があるのでお好みの方をお選び下さい!

③ガチャガチャプレゼント
以前にはなかったガチャガチャができるようになりました!
※治療+シーラント、フッ素を頑張ったお子様が1回ガチャガチャできます!

●定期フッ素無料
●歯ブラシプレゼント
●矯正相談無料

は引き続きキッズクラブの特典にあります。

お子様の歯を虫歯菌から守りお子様にも歯の大切さを知って頂く為にも是非キッズクラブにご参加下さい☺︎

ご不明な点がありましたらお気軽にスタッフにお声かけ下さいね!

今年もお世話になりました!

こんにちは!歯科衛生士の辻野です!

先日、うちの歯科クリニックで忘年会をしました!スタッフみんなでとても楽しい時間を過ごすことができました!

今年も残すところあとわずかですね!
一人でも多くの患者様に、笑顔で満足をして頂けるよう、最善を尽くしてまいりました。
来年も、スタッフ一同今年以上頑張っていきますので、うちの歯科クリニックをどうぞよろしくお願い致します!
皆さまにとって良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

年末年始のお休み

こんにちは😃
うちの歯科クリニックの坂田です。
12月もあっという間に過ぎてもう年末ですね💦
皆さま体調などお変わりなくお過ごしでしょうか?

さて年末年始のお休みのお知らせです。
年末は12月29日の午前診まで、年始は1月5日から診療をしております。

それでは皆さまよいお年をお迎えください🎵

虫歯にならないチョコレート

こんにちは🍀アシスタントの柳田です!
12月に入り時折1月下旬の寒波🍃がやってきて急な変化に体調を崩される方も多いのではないでしょうか?斯く言う私もその1人…😓気を付けているつもりだったのになかなか難しいものですね😓

さて、今回は今話題になっている「虫歯にならないチョコレート」について!
歯医者さんが作ったチョコレート🍫があるってご存知でしたか?では、早速ご紹介します。

◎ 歯医者さんが作ったチョコレート
歯医者さんが作ったチョコレートが製品化されて話題になっています。全国の歯医者さんで購入できるほか、ネットショッピングから購入することができます。

1-1 成分の特徴
歯医者さんが作ったチョコレートの特徴は、むし歯を予防するキシリトールが入っているということです。
甘味料はなんとキシリトール100%。キシリトールは歯磨き先進国フィンランドで虫歯を予防する効果があるといわれている甘味料で、これで甘みをつけたのがこの商品です。
キシリトールは虫歯菌が歯を溶かす酸をほとんど出さず、歯の再石灰化を促進する効果も期待されている成分です。

1-2 作られた経緯
この商品は長野県松本市にある神谷小児歯科の歯医者さんが作りました。チョコレートを食べると虫歯になるといわれていますが、子ども達はチョコレートが大好きです。虫歯になるからチョコは食べてはいけないというのではかわいそうです。
子どもの虫歯に悩むお母さんのためにも、むし歯に負けない歯を作れるチョコレートを開発しようと考えたのが、商品化のきっかけだったそうです。

1-3 評判
虫歯を作らないだけでなく、一歩進んで虫歯予防を目指すチョコレートということで、大人で関心を持つ人が増えているようです。食べて予防するという新しい発想に共感する人が多いようです。

◎ 虫歯になりにくいチョコの食べ方
チョコレートが虫歯を作ってしまうことは当然あります。虫歯を作らない方法はしっかり歯を磨くことですが、さらに虫歯を作らないで済む食べ方があれば、より効果的です。どんな食べ方があるのでしょうか。

2-1 ダラダラ食べない
チョコレートだけでなく食べ物をダラダラ食べると、口の中がいつまでも酸性状態になってしまいます。通常は酸性に傾いても、唾液の中和作用が働くことでアルカリ性に戻りますが、ダラダラ食べることでいつまでも中和されないことになり、虫歯になりやすい環境が続いてしまいます。

2-2 食べたら磨く
基本的なことですが、食べたら歯磨きをしましょう。虫歯の予防には、虫歯菌のエサとなる食べもののカスを残さないことが大事です。

2-3 寝る前は食べない
寝る前は唾液の分泌が減ってしまうので、自浄作用が弱くなり虫歯になりやすい環境になります。チョコレートは寝る前にはなるべく食べないほうがよいでしょう。

2-4 噛んで食べない
チョコレートはできれば溶かしながらゆっくり食べることをおすすめします。噛んで食べると、それだけ歯や隙間にチョコレートが入り込みやすくなり、口内にカスが残りやすくなります。

いかがでしたか??
甘いものが原因で虫歯になることはありますが、一切食べなければ虫歯にならないというものではありません。食べ方に気を付けて、もうすぐ来るクリスマス🎄を楽しみましょう😊✨

歯科助手スタッフ募集中

こんにちは!歯科助手の土橋です😊!

もう11月も末になりあっという間に12月ですね...😳
寒い毎日が続きますが、風邪やインフルエンザ等にはしっかり気をつけて新しい年を迎えたいですね☺️

いま、うちの歯科では私たちと一緒に働いてくれる歯科助手のスタッフさんを募集しております!

うちの歯科はとてもアットホームな職場で、スタッフの皆も明るい方ばかりで毎日楽しく働かせていただいております!

経験者の方はもちろん、未経験の方も大歓迎!

私自身も全くの未経験だったのですが、わからないことも先輩スタッフの方たちや先生方が1からしっかり教えてくれるので、今では出来ることも少しずつ増えてきました^^

また月に2回程、スタッフに向けての勉強会を開いてくれるので、より正しい知識を身につけることができ、自身のレベルアップにも繋がります✨

ぜひ、うちの歯科で一緒に働いてみませんか?
ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください!

限界に挑戦中

こんにちは。歯科衛生士の坂本です。
11月あっという間に過ぎていき急に寒りましたね…。体調を崩しやすいこの時期こそ手洗いうがいをして風邪を予防したいと思います!

以前セミナーに参加させていただきました。会場には沢山の歯科衛生士さんや歯科助手の方がいらっしゃってすごく緊張しました。初対面の人に自己紹介をしたり意見を言い合ったり普段では出来ない経験ができ改めて自分の事を知らない人に自分の事を伝える難しさを実感しました。大変なことやしんどい事があってもネガティブにならずポジティブにとらえポジティブ発言をする!今回のセミナーで沢山の事を学ばせていただきました!私も日々成長できるよう限界まで挑戦したいと思います☆

昨日、診療後院長先生に焼肉を連れて行ってもらいました😆
どのお肉もとろけるような美味しさでスタッフみんな感動✨✨

院長先生ありがとうございました!!

1 / 41234