ブログ

虫歯の進行度合いC2とは

こんにちは!
うちの歯科クリニックの坂田です。
ついに大阪も梅雨明けし、真夏の暑さが始まりました!
みなさん熱中症には注意して下さいね。

さて、今回は虫歯の進行度合のC2についてお話しします。
C2とは、穴が象牙質まで進行した状態で、冷たいものや熱いものがしみたり、虫歯の穴に食べ物が詰まると痛んだりするようになります。
象牙質は、エナメル質と比べて軟らかく、虫歯の進行も早いので、虫歯がもっと深く進行する前に、できるだけ早く治療をする必要があります。
C2の虫歯とは、Cの進行度の3番目に進行した状態がC2です。
できるだけ早く歯科を受診する必要があります。

虫歯の進行度合い C1とは?

こんにちは、歯科助手の柳田です🍀
今まさにワールドカップで世界中が盛り上がっていますね!みなさん、寝不足にならないように気をつけて下さいね⚽️

前回は5段階ある虫歯の進行度CO~C4の中のCOについてでしたが、今回は次のステージについてご説明します。

「C1とは?」
歯の表面のエナメル質が脱灰して溶けはじめ、小さな穴が空いてしまった状態です。COの段階は歯が白くなりますが、C1に進行すると穴が空いた部分は茶色もしくは黒っぽく変色します。表面の部分だけの小さな虫歯なので、冷たいものが歯にしみる場合もありますが、ズキズキした痛みはありません。
とは言っても、歯質が溶けて穴が空いてしまっているので、残念ながら再石灰化による自然修復は及びません。

初期の虫歯は、虫歯になった部分を全て取り除き、樹脂(プラスチック)を詰めるだけの簡単な治療で済みます👍🏻
虫歯に侵された部分が少しでも残っていると、そこからまた虫歯が再発してしまうので、虫歯になっている部分は綺麗に取り除く必要があります。

エナメル質には知覚がないので、虫歯による痛みもなく治療による痛みもありません。さらに初期の虫歯なのでこのタイミングで治療するのが理想です🙂
ですが、痛みがないため自分が虫歯であることに気付きにくいため、定期的に検診を受けるように心がけましょう⭐

虫歯の進行度合い COとは?

こんにちは、歯科助手のつちはしです🐻
ついに大阪も梅雨入りしましたね!蒸し暑く、ジメジメした日が続きますが皆さん体調崩さず元気に過ごしてください😊

検診の時期もあり、学校から用紙をもらってきたお子さんたちもいるかと思われます😊
そこで、今回は虫歯の話をしたいと思います!

虫歯は口腔内の細菌が産生する酸によって歯が溶けてしまう病気です。
進行してしまうと自然に治ることはありません。

虫歯は初期から重度まで進行度によってCO、C1~C4の5段階に分類され(COはシーゼロではなく、Questionable Caries for Observation「要観察歯=進行を注意深く見守るべき歯)の略です)、症状や治療法が異なります!

・COとは?

COは白濁や褐色斑がみられるもののエナメル質の軟化や実質欠損(穴)が確認できない状態で、初期虫歯が疑われるが虫歯とは判定しにくい歯を指します。
つまり、「虫歯になるかならないかギリギリの状態」といえるでしょう💭この段階であれば、再石灰化による自然治癒が可能です!

COの歯を放置しておくと、やがて歯の表面のエナメル質に小さな穴があき、C1に進行します😫
自覚症状はない場合が多く、あっても、冷たい水や熱いお茶などがしみる程度でしょう💭

虫歯の自然治癒が期待できるのはCOの段階までです😫😫
しかし、単に放置しておけば勝手に治るというわけではありません!
口腔内の状態を正常化し、再石灰化のスピードが脱灰を上回るようにメインテナンスするオーラルケアの必要があります☝🏻️

適切な歯磨きや、フッ素塗布を行う事で唾液の再石灰化作用により、溶け始めた歯質が石灰化し修復される事がありますので、しっかり予防をしていくことや定期的に検診を受けることが大事です!

乳歯と永久歯の違い

こんにちは!歯科衛生士の坂本です。

GW皆さんはいかがお過ごしでしたか?
私は先日京都に行ってきました!
お天気が良かったのもあり大阪よりも気温が高くて驚きました🌞

さて今回は乳歯と永久歯の違いについてお話しさせて頂きたいと思います!

人間は顎の成長とともに1度だけ歯が生え変わります。
(ちなみにゾウは生涯で6回、サメは10年間で10万本生え変わったりするそうです…)

名前の通り乳歯は乳幼児期の子供の歯、永久歯はその後一生にわたって使う大人の歯ですが、ぱっと見ではわかりにくいですよね。
実は知っていると案外分かりやすいものなのです!

① 色
乳歯は青みがかった白色
永久歯はクリーム色寄りの白色

② 本数
乳歯は20本
永久歯は28~32本
永久歯の数にばらつきがあるのは、親知らずの数など、個人差があるためです。

③ 形
乳歯は永久歯に比べて
大きさが小さいく長さが短い
また、乳歯の方が四角く永久歯の方は五角形のような形をしています。

④ 根の長さや開き具合
乳歯は根の長さが短く、根の開いている角度が広いという特徴があります。
これはレントゲン写真で確認することができます。

是非とも乳歯と永久歯を一度鏡を見て見比べてみるのも楽しいと思います♪

一生にわたってしっかり使える歯のためにも毎日の歯磨きが大切です!
定期的な歯の検診も行きましょう☆

歯ブラシ交換のタイミングと保管方法

はじめまして
4月からうちの歯科クリニックで働いております、歯科衛生士の竹井です!

まだまだ一人前の衛生士ではありませんが、勉強や経験を重ね、頑張っていきたいと思います。よろしくお願い致します😊🌟

すっかり暖かくなり、桜もあっという間に散ってしまいましたね💦
とても過ごしやすい季節になり、お出かけなどもしやすいのではないのでしょうか?

さて今回は
《歯ブラシの交換時期と保管方法について》
をお話します。
歯ブラシの交換時期は約1カ月に1回が、目安と言われています🔄✨

私たちはお口の中のたくさんの菌を、小さな歯ブラシで毎日落としています。
歯ブラシを洗って乾燥させたとしてもブラシの毛束の根元には菌が繁殖してきます👿

また、歯ブラシが開いた状態で歯磨きをすると、清掃能力が落ちるだけではなく歯や歯茎を傷つける恐れがあります😭💦

ですから、毛先が開いてきたら1カ月経たない場合でも交換しましょう!!!

歯ブラシは、濡れた状態で保管してしまうと細菌が繁殖してしまいます👿!
ですから、歯ブラシ使用後は必ずよく水分を切り、乾燥させた状態で保管しておきましょう!コップなどに立てておくと良いかもしれません✨

また、分からない事があればうちのスタッフにお気軽に質問してください♩

それでは次回の更新をお楽しみに👀

タフトブラシの有効活用法✨

こんにちは!
アシスタントの中野です^^
3月も終わりにさしかかり、ポカポカ暖かな陽気になってきましたよね!
桜も満開になり春の訪れを感じさせますね🌸
公園まで手作りのお弁当持って、お花見いいですよねー(*^^*)
皆さんお花見には行かれましたか😊?

さて、今回はタフトブラシの有効的な活用法についてお話ししたいと思います。

1. タフトブラシとは?

タフトブラシって聞きなれない名前かと思いますが、歯の洗浄にはとても便利な用具です。
タフトブラシは一般的な歯ブラシとはブラシ先の形状が違い、先が小さくまとまっているので、磨きにくい部位をブラッシングするには最適なブラシです。

このようなブラシです😊

2. タフトブラシの効果的な使い方は?

タフトブラシは普通の歯ブラシでは磨きにくい部位を洗浄することが可能です。

◎ こんな部位に最適!◎

① 一番奥の歯
② 歯並びの悪い歯
③ 矯正装置の周り
④ 前歯の裏側
⑤ かぶせものの周り

このような部位は普通の歯ブラシでは磨きにくく、汚れが溜まりやすくなっているため、
虫歯の原因にもなってしまいます。
そこで、タフトブラシで補い有効的に使用することができます。

使い方としては、普通の歯ブラシでブラッシングした後、磨きづらいところをタフトブラシで小刻みにブラッシングして頂くのがオススメです。
力を入れ過ぎず、優しく丁寧に磨いてくださいね😊

うちの歯科でも、タフトブラシを販売しておりますので、
タフトブラシについて詳しく知りたい方はうちの歯科のスタッフや衛生士まで是非お尋ねください🍀

それでは、次回の更新をお楽しみに(*ˊᵕˋ*)♪

歯間ブラシの使い方🎶

こんにちは!
うちの歯科で受付をさせて頂いてます瀧野です☀️
最近変なお天気が続きますが皆様お身体にはお気をつけ下さいませ🙇‍♀️
今回は歯間ブラシの使用方法をお伝えさせて頂きます💡
食べ物がつまりやすい歯と歯の間は、ハブラシの毛先が届きにくく、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が残りやすい場所です。
歯磨きだけでは取り切れないプラークも、
歯間ブラシを使うことで効果的に取り除けます。
毛先が届きにくい歯間部の歯垢除去率は
歯ブラシのみ58%に対し、歯間ブラシを足して頂くだけで95%になります。
ではさっそく使用方法をお伝えさせて頂きます。

①歯間ブラシを使う時は鏡を見て使いましょう。

②まず歯茎に沿わせて斜めに当てます。そのまま歯間ブラシを隙間に対して水平にしてゆっくり入れます。前後に2~3回動かして使います。

③裏側からも同様に行うと効果的です。
入りずらい歯間にムリに入れると歯茎を傷つけてしまうので気をつけましょう。

いつもの歯磨きに歯間ブラシをプラスして頂き今ある歯を1本でも多く守り、健康で楽しい食生活を送りましょう✨✨

🌼フロスの使用方法🌼

こんにちは。歯科助手の石田です。
2月も後半になりましたね。皆様どうお過ごしですか?

今回はフロスの使用方法についてお伝えします😊

①1回の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の中指に2〜3回巻きつけ、指と指の間を1~2cmの長さにします。1回の使用分は40cmくらい。指の先からひじまでの長さが目安です。

②歯と歯の間にデンタルフロスをあて、横に動かしながら、ゆっくり歯と歯の間に入れます。鏡を見て場所を確認しながら使用してください。

③歯の根元まで入ったら、歯に巻きつけるようにして上下に動かし、歯垢を落とします。隣り合った歯の両方の面を清掃します。

④取り出す時も、横に動かしながらゆっくり取り出します。

*力を入れすぎてしまうと、歯茎が傷ついてしまうので、ゆっくり・優しく フロスを使ってみて下さい。

困った事や、分からないことがあれば うちの歯科クリニックのスタッフまでお声掛け下さい╰(*´︶`*)╯

キッズクラブ特典変更について★

こんにちは。
歯科助手の中島です。
まだまだ寒い日が続いていますが皆様体調はいかがでしょうか?

今日はキッズクラブの特典変更についてお話しさせていただきます。

キッズクラブとは0歳から12歳までのお子様限定の会員です。

①スタンプノートプレゼント
以前はデンタルノートをプレゼントしていましたがこちらがスタンプノートに変更しました。

②フッ素ジェルプレゼント
以前はレノビーゴでしたがフッ素ジェルに変更しました。モモ味とブドウ味があるのでお好みの方をお選び下さい!

③ガチャガチャプレゼント
以前にはなかったガチャガチャができるようになりました!
※治療+シーラント、フッ素を頑張ったお子様が1回ガチャガチャできます!

●定期フッ素無料
●歯ブラシプレゼント
●矯正相談無料

は引き続きキッズクラブの特典にあります。

お子様の歯を虫歯菌から守りお子様にも歯の大切さを知って頂く為にも是非キッズクラブにご参加下さい☺︎

ご不明な点がありましたらお気軽にスタッフにお声かけ下さいね!

今年もお世話になりました!

こんにちは!歯科衛生士の辻野です!

先日、うちの歯科クリニックで忘年会をしました!スタッフみんなでとても楽しい時間を過ごすことができました!

今年も残すところあとわずかですね!
一人でも多くの患者様に、笑顔で満足をして頂けるよう、最善を尽くしてまいりました。
来年も、スタッフ一同今年以上頑張っていきますので、うちの歯科クリニックをどうぞよろしくお願い致します!
皆さまにとって良い年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

1 / 512345