ブログ

キシリトールで虫歯予防

みなさん、こんにちは。
歯科衛生士の上田です。

10月31日はハロウィンですね!
うちの歯科クリニックではキッズクラブに入ってる方限定でハロウィンイベントを開催しています。

みんなハロウィンに関係する合言葉を伝えてお菓子をGETしてます!
キシリトールのお菓子です。

そこで、キシリトールについて少し詳しくお伝えしようと思います。

キシリトールには虫歯になりにくい効果があるのは皆さんご存知だと思います。
特徴は"虫歯になりにくい環境を作ること"です。決して、キシリトールを食べれば虫歯にならない訳ではありません。
キシリトールが虫歯を防ぐ理由として大きく分けて2つあります。

①虫歯の原因にならない
キシリトールは天然素材で多くの果物や野菜に含まれている自然の甘味料です。
私たちがガムなどで口にしているキシリトールは白樺などの木から抽出してあます。このキシリトールは口の中で"酸"を作りません。さらに甘味料であるキシリトールを噛むことによって唾液の分泌を促進するのでお口の中で酸を中和してくれるのです。

②虫歯の発生・進行を防ぐ
キシリトールには虫歯の原因となるミュータンス菌の活動を甘味料の中で唯一弱められると言われています。そして歯垢
を付きにくくする効果と剥がれやすくする効果があります。さらに、歯の再石灰化を促してくれます。

キシリトール商品を購入する際に注意点が2つあります。

①キシリトールが50%以上含まれているか!?
キシリトールは天然素材の為高価です。
キシリトール配合!とパッケージに記載されていても50%以下だと意味がありません。スーパーやコンビニで発売されているキシリトールの量は30〜70%です。パッケージの裏面をみて50%以上でより濃度の濃いものを選びましょう。

②キシリトール以外の甘味料が含まれていないかどうか!?
いくらキシリトールが含まれていてもキシリトール以外の糖類が含まれてしまっていては意味がありません。虫歯予防効果を十分に発揮させるには、シュガーレスまたは糖類0gの商品を選びましょう。

皆さん、キシリトールを1度に摂りすぎるとお腹がゆるむので気をつけてくださいね。