ブログ

歯周病菌は移るのでしょうか?

昨年12月末よりうちの歯科クリニックにて週2~3回勤務しております

歯科衛生士の山口と申します。

うちの歯科クリニックに通院してくださっている皆様にいままで以上に 安心し、

リラックスした治療や予防を受けていただけるよう 常に誠実さと丁寧さを心がけてまいります。

歯周病治療が得意ですが、お子様も大好きです(^^♪

どうぞよろしくお願いいたします。

 

では、本題に・・・ 歯周病菌は移るのでしょうか?

歯周病は歯垢(プラーク)の中に存在している「歯周病菌」の感染によって起こります。

歯周病菌も含め細菌は唾液を介して他人に移るので、

歯周病になっている人と キスをしたり、食器などを共有すると感染する可能性はあります。

しかし、細菌が感染したからといって必ず発症するわけではないのです。

 

歯周病菌の感染力は強くありません。

抵抗力があれば歯周病の方とキスをしても発症することはありません。

ですが、抵抗力が落ちているときは要注意です!

例えば、体調不良(病気)や睡眠不足、ストレスなどがあげられます。

ご自分の免疫力が低下すると細菌に勝つ力が低下し、細菌が優勢になってしまいます。

そんな時は感染し、発症しやすいといえます。

 

ですが、愛するパートナーや家族に感染させない、

もしくは感染しないように したいものですよね✌

 

それには定期的に歯科医院へ訪問し、虫歯になっていないか、歯周病になっていないか、

もしくは歯周病が進行していないかをチェックしてもらう必要があります。

また、歯垢(プラーク)は上手に歯磨きできる方でも、

3か月ほどでお口の中に溜まり始めます。

 

ですので、お口の中のクリーニングのためにうちの歯科クリニックへお越しくださいませ。

また、歯垢(プラーク)が付着しにくいように

専門家である歯科衛生士によるPMTCを受けていただければ幸いです。

 

 

次回は歯科衛生士による「PMTC」について詳しくお話させていただきます。