ブログ

シーラントについて

はじめまして、こんにちは!
4月から受付で働かせて頂いている坂田です。
よろしくお願いします!

梅雨も真っ只でジメジメうっとおしい気候が続きますが、さっさと乗り越えて楽しい夏を迎えたいものですね

さて、今回は「シーラントについて」お話させて頂きます。

「シーラント」とは奥歯の噛み合わせ部分にプラスチックやセメントを埋め込んで、その部分を虫歯予防をしようと言う方法です。
一般的には6歳頃に生える第一大臼歯に施す事が多いです。

生えて間もない歯は他の歯より背が低くハブラシが届きにくく、歯の質が未熟である為に虫歯になりやすくなっています。
シーラントはこのような歯の溝をプラスチックやセメントで埋めて虫歯の予防とします。

しかしシーラントを受けたので絶対に虫歯にならないとは言えません。
毎日の丁寧なブラッシングでシーラントに覆われていない部分が虫歯にならないように気をつけましょう。
また、定期的にシーラントが剥がれていないか、お口の中や食生活に問題はないかのチェックを歯科医院で受け続けることが大切です。