ブログ

唾液の大切さ

こんにちは!歯科衛生士の辻野です。
みなさん、今年の夏も楽しんでいらっしゃいますか?😊暑い日が続いていますが、体調にはくれぐれもお気をつけください!

今回は唾液の大切さについてお話しさせて頂きたいと思います(^_^)

唾液は、お口の中にある唾液腺というところから分泌されます。唾液腺は、奥歯辺りの頬っぺた内側と舌の下にあります。1日およそ1〜1.5ℓ分泌されています。
唾液の働きは、
①お口を潤して、話したり食事のときお口の動きをよくします
②虫歯菌に溶かされてしまった歯をもとに戻そうとします
③お口の中を中性に保ち虫歯になりにくくします(食事をするとお口の中は虫歯菌によって酸性になります。)
④虫歯、歯周病菌、外から入ってくるウイルスなどの働きを抑えます
⑤食べ物を消化します
⑥お口の中の乾燥を防ぎ、体の水分を正常に保ちます(喉が渇いていることを教えてくれる)
⑦お口の中をきれいにします
このように、唾液はたくさんの働きをしています。
唾液が減ってしまうと、舌がピリピリしたり話すことや食事をすることが難しくなります。そして、虫歯になりやすく、歯周病が進行しやすくなり、口臭も強くなることがあります。
唾液が減ってしまう原因は、ストレス、薬の副作用、シェーグレン症候群、糖尿病など様々です。
唾液を増やすには、ストレスを取り除いてあげることも必要ですが、よく噛んで食事をすることで唾液の分泌を促すことが大切です。また、唾液腺マッサージを行うことも良いでしょう!

唾液は、お口の健康、体の健康を保つことに欠かせないものとなっています。
何か気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください(^_^)