ブログ

食育のおはなし

 

こんにちは!歯科助手の森川です。

 

 

近頃、わたしたちが健康に生活するために“食べる”ということが重要視され、「食」への関心も高まっているように思います。

一方で、栄養の偏りや不規則な食事、肥満や生活習慣病の増加、食の海外への依存、伝統的な食文化の危機、食の安全など、様々な問題が生じています。

このような問題を解決するキーワードが「食育」です。

少し難しい話になりますが…

平成十七年には食育基本法も制定されており、『食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められている』と記されています。

日々忙しい生活を送る中では、毎日の「食」の大切さを忘れがちですが、“食べること”は栄養を摂る目的だけでなく、「美味しく味わって食べる」という、こころの豊かさのためにも大切だといえます。

さて、ここで大事なのが、
「食育」の目的である「生涯を通じておいしく食べる」ことは、歯科の目的とも一致しており、食育の推進= 歯科保健・医療の推進という側面があるということです。

食べ物を幅広く豊かに食べるためには、歯・口が健康であることが必要なのです。

「食育」における究極の目標である生涯おいしく楽しく食べるためにも、歯と口腔は欠くことができない重要な役割を担っており、その健康と機能獲得の基礎は、小児期に形作られているのです。

食育はあらゆる世代の方に必要なものですが、とくに子供たちに対する食育は、心身の成長及び人格の形成に大きな影響を及ぼし、生涯にわたって健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくんでいく基礎となるものである、ということなのです。

8020運動(80歳までに20本以上の歯を残す)というのは、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか??

生涯使う大切な歯ですから、より長く「食」を楽しめるように、より多くの歯を残せるように、皆さまのサポートをできればと思います。