ブログ

誤嚥性肺炎について

衛生士の伊藤です。
誤嚥性肺炎という言葉を聞いたことはありますか?
通常、私たちは食べ物や唾液などはノドの奥の食道を通って胃へ入っていきます。
ところが、高齢になったり、飲み込む力をが弱くなると、食道ではなく、気管に入り、肺へ入って行く事があります。
若いうちは、気管に入ると咳き込んで押し出そうとする力が働きます。みなさんも、そういった経験はないでしょうか?
肺へ入った食べ物や唾液は細菌となり、繁殖し肺炎をおこしてしまいます。
誤嚥による肺炎を繰り返すとやがてその薬に対して抵抗する耐性菌が出来てしまいます。
その為、抗生物質が効きにくくなるために治療が困難になり、死に至るケースもあります。
予防策として、お口の中を清潔に保つ、食べ物をゆっくりとよく噛んで飲み込む、食事にトロミをつける、トロミいった事が重要になってきます。