保険の義歯を自費治療の義歯について

義歯(入れ歯)を作る際、健康保険が適用されるものと、保険適用外で全額自己負担の自費治療のものがあります。今回は、保険治療と自費治療の義歯の違いについて紹介します。

保険適用の義歯は費用が安い代わりに材料や製作法に制限あり

保険適用の義歯は費用が安い代わりに材料や製作法に制限あり
日本の健康保険では、保険が適用できる素材や歯科治療の方法などが厳密に決められています。保険治療と自費治療の義歯の違いは、この材料の違いが主なものになります。
保険治療の場合、費用の負担が少なくなる代わりに、利用できる素材が限られます。保険の義歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯茎と似た色の床(しょう)素材は、プラスチック(レジン)、部分入れ歯のクラスプ(留め具)は、金属と決められています。
費用負担に加え、プラスチックなので、破損しても修理が簡単というメリットがあります。一方で、ニオイや汚れを吸収しやすい、長期間の使用ですりへりや変色が起こりやすいというデメリットがあります。また、制作工程も自費治療のものに比べて少なく、構造も画一的です。
また、総入れ歯にするとあごの骨が痩せやすくなりますが、もし義歯が合わなくなった場合に保険診療で作りなおすときは、前回の作製日から6カ月以上空けなければならないルールがあります。

患者さんひとりひとりの状態に合わせて製作できる自費治療の義歯

保険外の自費治療での義歯は、素材がさまざま選べるというメリットがあります。精度の高い型を使い、素材や構造を工夫するなど、患者さんの要望に合わせてぴったりのものを作ることができます。
たとえば、床に金属を使用して薄くて装着感のよいものにしたり、留め具を白いものにして目立ちにくくしたり、ニオイのつきにくいようにしたりということも可能です。また、自分の歯の代わりになる人工歯も、プラスチックより見た目が自然でツヤのあるセラミックを利用することで、審美的に配慮することもできます。
一方で、保険外の義歯は全額が自費負担になるので、金額がかさむことがデメリットといえます。

QOLの向上は義歯の状態が左右する

QOLの向上は義歯の状態が左右する

保険適用と自費診療のどちらを選択すべきかは、患者さんの要望や状態によって異なります。気になることや要望がある場合は、かかりつけの歯科医院で、歯医者さんに相談してみましょう。
人の歯の色は千差万別です。また、歯の状態がしっくりこないと食事や他人との会話も楽しめなくなってしまいます。QOL(生活の質)向上のためにも、違和感のない精度の高い義歯を作成することをおすすめします。