食べかすが原因の歯石が口臭の原因!?

歯石はお口のトラブルを引き起こすやっかいもの

歯石はお口のトラブルを引き起こすやっかいもの
歯石とは、歯にくっついた歯垢が固まってできた、石のようなものです。この歯石自体は、口臭を発するものではありませんが、歯石が様々なお口のトラブルを誘発するとてもやっかいな存在なのです。というのも、歯石があると、汚れや細菌、歯垢がくっつきやすくなります。それによって、虫歯や歯周病の原因となるだけでなく、口臭の原因の一つにもなります。歯石ができることで、歯の着色も起こりやすくなるので、見た目も汚くなり、なんとなく不潔な歯に見えてしまうこともあるので、気になるという人は、歯医者さんに行って歯石除去をしてもらうとよいでしょう。

歯石を放置しておくと大変!歯石が引き起こす口臭やお口のトラブルとは

歯石ができると歯垢がたまりやすくなります。歯垢を放置してしまうと、歯垢が発酵してガスを発生させるようになります。このガスが口臭の原因になります。それだけではありません。歯石は歯周病を誘発し、歯茎の腫れや出血を引き起こしたりもします。それによって、血の生臭いにおいが口臭になってしまったり、歯茎の血流が悪くなってしまいます。この状態を放っておくと、歯石が歯茎の周りにまでできてしまい、歯槽膿漏になることがあります。歯槽膿漏になると、歯茎に膿がたまります。膿は、白血球や細菌の死骸であるため、強烈な口臭の原因になります。こういったことにならないためにも、歯茎から出血していることに気づいたら、すぐに歯医者さんに相談して、歯石の除去や歯茎のトラブルの悪化を防ぐようにしましょう。

歯石は自分で取り除くことができない困りもの

歯石は自分で取り除くことができない困りもの

歯石は食べかすと違い、歯にこびりついているものです。普通の歯ブラシで取り除くことはまずできません。また、歯石を取り除こうとして強くブラッシングすると、歯や歯茎を傷つけてしまいますので、絶対にやめましょう。また、普段から歯磨きを欠かさずしているという人でも、磨き残しが多い箇所には、歯石ができてしまいがちです。歯磨きをしている人でも、定期的に歯医者さんで歯石のチェックや除去をしてもらうといいでしょう。歯磨き・ブラッシングの仕方によって、定期的なチェックの頻度は変わってきますが、歯垢が歯石になるまでは2週間程度かかるといわれていますので、1か月に1回位は歯石のチェックをするといいでしょう。そんなに通えないという人は最低でも3か月や半年に1回はチェックしておくことをおすすめします。