プロに任せよう!歯石除去を自分ですると起こりうる5つのトラブル

最近は、自分でも出来る歯石除去のグッズがたくさん売られていますね。すでに手に入れている人もいるでしょう。しかし、自分で歯石除去を行うと自分の歯肉を傷付けてしまう可能性があるためお勧めできません。今回は自分で歯石除去を行うと、どのようなトラブルが起きてしまうのかを紹介します。

自分で歯石除去を行ってもあまり効果がない

自分で歯石除去を行ってもあまり効果がない
歯石は歯垢が長期に放置され、石灰化したものです。歯石が出来やすい部位は唾液が分泌される上の奥歯の頬側や下の前歯の舌側に多くできます。また噛み合わせがない歯や歯並びが悪い部分にも多くできます。歯石は非常に硬く自分で歯石除去を行ってもどうしても取り残しの部分ができます。歯医者さんでは歯石を取るときにスケーラーという専用の器具を使って歯石除去を使います。スケーラーは刃がついているので硬い歯石を取り除くことができます。

歯肉の下にできた歯石が取れない

歯肉の下にできる歯石は唾液と血液で出来ています。歯肉の下にできる歯石には目に見える歯石と違って、出来やすい部位がありません。歯肉の下にできる歯石は自分で見ることができないため自分では取れません。また歯肉の下にできる歯石は歯肉に最も悪影響を及ぼします。よって、悪影響を受けた歯肉は歯周病へとなります。

歯石を取った後のケアを行えない

歯石を取った後、歯の表面にはでこぼこした傷や細かい歯石が付いています。歯医者さんでは、歯石を取り終えたら、柔らかいゴムでできた器械と専用の歯磨き粉を使って細かい歯石を取り歯の表面をつるつるに仕上げます。毛がついていて凹凸がある自宅の歯ブラシでは歯の表面をつるつるに仕上げることはできません。

歯肉を傷付けて歯周病になってしまう

歯肉を傷付けて歯周病になってしまう

間違えた歯ブラシの仕方でも起り得る歯周病。尖ったものを使い自分で歯石除去を行うとより歯周病になる可能性があります。歯周病は傷付いた歯肉から細菌が入ることでも発病します。また、歯肉を傷付けてしまうと歯茎の位置が下がってしまいます。歯茎の位置が下がることで、より歯石が付きやすい状態へとなります。

歯肉が腫れてしまう

自分で歯石除去を行うと、取っている最中に誤って歯石を歯肉の下へ入れてしまう可能性があります。歯肉の下に入った歯石は炎症を起こして歯肉の腫れや痛みを起こします。歯医者さんで行う歯石除去は水で洗い流して行うため、歯肉が腫れてしまうというトラブルには繋がりません。歯石除去は専門であるうちの歯科へ行って行うことが一番です。くれぐれも自分で行わないように!