歯列矯正中に歯のクリーニングは出来る?出来ない?

歯列矯正を始めるにあたって、多くの人が気になるポイントは「歯列矯正中に歯のクリーニングができるかどうか」という点です。特に歯に対する意識が高く、歯のクリーニングを頻繁に行なっていた人の場合、治療期間中全く歯のクリーニングができないというのは特に辛いもの。ここでは歯列矯正中の歯のクリーニングが可能かどうか、そして歯のクリーニング以外のセルフケア方法についてご説明します。

歯のクリーニングは歯列矯正中もOK!

歯のクリーニングは歯列矯正中もOK!
結論からお話ししますと、歯列矯正中も歯のクリーニングは可能です。また歯医者さんによっては矯正期間中の定期検診と歯のクリーニングがセットになっていることもあります。基本的に歯列矯正中は、矯正前と同じ歯磨きの方法では磨き残しができてしまうもの。そのため歯列矯正が終わった後に、予想外の場所に虫歯が出来ていた!という人も少なくありません。そもそも歯列矯正中は普段よりも虫歯や歯周病の発生率が上がる時期なのです。矯正治療中こそ積極的に歯のクリーニングを行うようにしましょう。

歯列矯正中の歯のクリーニングの内容とは?

歯列矯正中の歯のクリーニング内容は、歯の状態によって歯医者さん側から提案されることが一般的です。自分ではきちんと歯磨きをしているつもりでも、日々の食事で歯垢や歯石、着色汚れがついたりしてしまうもの。特に研磨剤を使った歯のクリーニングを行うことで、見た目を美しくするだけでなく、虫歯予防にも役立ちます。ただし、研磨剤によるクリーニングは、歯を白くするのではなく歯を本来の色に戻すためのものです。もしも、白く美しい歯を希望するのであれば、歯列矯正終了後にホワイトニングの相談をすることをおすすめします。

歯列矯正中に自分で出来るケアとは?

歯列矯正中に自分で出来るケアとは?

歯のクリーニングのことは、歯医者さんに任せておけば安心!と思ってはいませんか?もちろん、歯医者さんは歯に関するプロですから的確なアドバイスとクリーニングが可能ですが、歯列矯正を成功させるためには毎日のセルフケアも重要です。そこで必ず用意したいアイテムが、手鏡と矯正専用の歯ブラシ。矯正専用歯ブラシの種類に悩んだ場合は、歯科医師に相談してください。洗面台の鏡だけでなく、手鏡を使って様々な角度から磨き残しがないかどうかをチェックすること、ブラケットと歯の間など細かな部分にもしっかり毛が入る矯正専用の歯ブラシを使って磨くこと。そして、何かを食べたらすぐに歯を磨くこと。この3つを守ったセルフケアをすることで、あなたの大事な歯を虫歯や歯周病から守り、歯列矯正を成功させることが出来るでしょう。