インプラント治療の前に歯周病を治すべき理由

インプラントの治療を行う前には、口の中や全身状態など様々な検査を実施します。以前は歯医者さんにインプラント施術が出来ないと断られてしまったことがある人でも、近年は歯科技術の発達によって、大多数の人に行うことが出来る施術・治療法になりました。そんなインプラントですが、事前に歯周病の治療をしっかりと行っておかないと、せっかく実施したインプラントの寿命が短くなってしまいます。今回はインプラント治療の前に歯周病を治すべき理由についてご紹介いたします。

歯周病がインプラントに与える影響

歯周病がインプラントに与える影響
一度歯周病になってしまうと完治することは出来ません。しかし、歯周病治療を受けることで口の中に存在する歯周病の原因菌を減らすことは出来ます。歯周病の場合、インプラントの治療を実施すると歯周病の原因菌がインプラントの周りの歯や歯肉へすぐに感染してしまいます。よって、インプラントの治療を行う前に歯周病の原因菌の数を可能な限り減らしておく必要があるため、歯周病治療は受けなくてはいけません。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、基本的に歯周病と類似した病状ですが、インプラントのネジが埋め込まれている部分から歯周病の原因菌が侵入し、周りの骨や歯茎などに炎症が起こるたいへんな病気です。天然歯の周りは血管が通っており、血管によって歯や周りの組織に栄養や炎症に抵抗する成分を供給しています。しかしインプラントを埋め込んだ部分は天然歯と比べると血管が少ないため、炎症が起こってしまうと急速に症状が進行してしまいます。

最悪の場合、インプラントが行えない

最悪の場合、インプラントが行えない

患者さんに良い治療を受けてもらう為に、インプラントの治療の前に歯周病治療を勧める歯医者さんも多くいます。歯周病に対する治療をしっかり受けていないとインプラントの持ちは悪くなることにくわえ、インプラント周囲炎になってしまうとインプラントのネジを抜かなくてはいけません。そうなると再度手術を受ける必要があり、身体的に大きな負担を与えてしまいます。インプラントの治療を受ける前には必ず歯周病治療を受けましょう。

まとめ

歯周病の治療は簡単には終わらず、何年もかかる場合もあります。しかし、インプラントの治療を受けて長持ちさせるためには辛抱強く歯周病の治療を受けた方が良いです。またインプラントの治療は入れ歯やブリッジと違って、強度が強く、半永久的に使うことが出来ます。インプラントの治療を考えている人は歯周病の治療を受けてからインプラントの治療を開始しましょう。