インターネットでよく見るウワサ!芸能人がほとんど差し歯と言われているワケ

芸能人がほとんど差し歯と言われているワケ

「芸能人は歯が命!」なんてコマーシャルが昔流行りましたが、たしかにテレビで見る芸能人のほとんどがキレイな白い歯をしています。
人前に出る職業なので、外見で選抜されているということもありますし、一般の人よりは見かけの手入れに気を使っているということがあるのでしょう。
デビューしたころの写真と見比べると、明らかに歯の状態が違う有名人も多いようで、インターネットでは「芸能人の歯はほとんどが差し歯」なんていわれたりもしますが、真相はいったいどうなのでしょうか。

■自前の歯を削り、かぶせ物を

■自前の歯を削り、かぶせ物を
歯並びが悪い場合、一番最初に考えられるのが歯列矯正などの矯正治療です。まずは虫歯など悪い部分をすべて治療して、その後、矯正器具を使って歯並びを直していきます。
差し歯といいますが、もとからある歯を抜くことはまれで、多くの場合が上からかぶせものをしていく方法をとります。
自身の歯を削って人工的な土台を作り、歯列を整えてから被せものをして整えていきます。見た目にこだわる芸能人やモデルなどは、オールセラミッククラウンのかぶせ物を好むことが多いようです。
オールセラミッククラウンは、クラウンの素材全てにセラミックのみを使い、プラスチックや金属を含みません。そのため、金属アレルギーの人でも安心して使用することができます。
自然なツヤで透明感があるので、自身の歯とほとんど見分けがつかない仕上がりになります。かぶせ物もあまりに白すぎると不自然に見えてしまいますが、自身の歯の色調に合わせて自然なグラデーションにすることができます。変色・変形などの経年劣化にも強いので、長期間美しさを保つことができます。

■差し歯で手軽に美しい歯並びを実現

矯正となると数年がかりでの治療になります。そのため、外見を気にする芸能人は、手軽に美しい歯並びを実現できる方法として、差し歯を選択することも多いようです。セラミックも歯列矯正も安い治療ではありませんが、前歯の6~8本を差し歯にするなら、歯列矯正と同じくらいの費用でも出来る場合もあります。

■まさに芸能人は歯が命

■自前の歯を削り、かぶせ物を
歯磨き粉や歯の健康に役立つガムなどのコマーシャルに出演している芸能人に虫歯があると、コマーシャルを降板させられてしまうこともあるそうです。セラミックの差し歯も半年ごとに定期健診が必要な場合があり、お手入れも重要になります。外見が仕事道具の職業といっても、美しい歯の維持には努力が必要なのです。