前歯だけインプラントってできるの?

前歯に歯がないと一気に老けたような印象を与えてしまいます。やはり前歯は最も人の目につきやすく、第一印象を与える大きな要素だと言えますね。
もし、前歯がなくなってしまったらあなたは何で補いますか?

歯を何で補うか

歯を何で補うか
歯科治療の選択肢としてはブリッジ・部分入れ歯・インプラントがあります。まずはこの選択肢一つ一つについて紹介していきます。

1. ブリッジ
歯を補いたい両隣に歯が残っている場合に選択されることが多い治療法です。1本~3本程度であればブリッジで補うことができます。前歯に使用するときは自然な歯の色に近い色で作るので審美性において不自然さは感じません。両隣の歯を削らなければいけないので、虫歯がない健康な歯が残っていると少しもったいない気がします。

2. 部分入れ歯
前歯だけでなく小臼歯まで歯がない場合に適用されることが多い治療法です。ブリッジよりも歯がないときに使用されますが部分入れ歯は金属のバネを近くの歯にかけます。ただし、この金属のバネが外から見えてしまうため、審美的に美しいとはいえません。また、部分入れ歯の歯茎の部分はプラークがつきやすい性質があるので清潔にしておかないと炎症を起こすきっかけとなってしまいます。

3. インプラント
この3つで比較をするとインプラントが最も前歯の代わりとして適していると言えます。その理由は審美性です。インプラントの被せ物はお茶碗にも使われる陶材でできています。陶材は汚れがつきにくく、落ちやすいです。また、天然歯に近い色を出すことができるので本物の歯と見間違えるほどです。

前歯にインプラントは難しい

実はインプラントを前歯に埋めることは難しいといわれています。
理由は、前歯の骨は薄く、溶けやすいからです。歯が抜けてしばらく放置していると顎の骨は歯がなくなったことで機能停止をしてしまい溶け始めていきます。元から前歯の骨は薄いのにもかかわらず、溶けていくのでインプラントを埋めることが難しくなってしまうのです。
他にも前歯は一番目立つので、歯茎が下がってしまった時にインプラントの埋めなおしができないことや、歯茎が薄い場合はインプラントが透けて見えてしまうこともあります。

インプラント治療をするには

インプラント治療をするには
しかし、実際のところ、前歯にインプラントを埋めている人は多く存在します。骨が薄く、少なくなっていたら、骨移植や骨が増える処置を行ってからインプラント治療をすれば良いのです。また、歯茎の形が不自然だったら歯肉整形術という方法で歯茎の形を整えれば良いです。
またインプラントに着色汚れがついていてもホワイトニングのように汚れを落とすことは可能です。インプラント治療も進化していてたくさんの患者さんに適用できるようになっています。前歯でもインプラント治療ができるので是非うちの歯科へ相談してみてください。