歯石予防におすすめな歯磨きの方法をご紹介!

皆さんは歯医者さんへどんな用事で通っていますか?定期検診や治療が続いているから、矯正治療のチェックで通っている、などが主な理由ではないでしょうか。もしかすると、歯石とりに習慣的に通っているという人は少ないかもしれません。しかし!歯石が溜まっているという人は多いのです。
今回は歯石が付きにくい歯磨きの仕方についてうちの歯科が説明していきます。

歯磨きの重要性

歯磨きの重要性
歯磨きは歯に付着したプラークや食べカスを除去する意味で、必要不可欠です。歯に付着したままにしておくと虫歯の原因にもなりますし、口臭の原因にもなります。プラークは本来、歯磨きで簡単に除去できるのですがみがき残してしまうと歯石へと変化してしまうのです。歯石は歯磨きでは除去することが困難なほど硬いので、プラークのうちに綺麗にしておくことが歯石予防の観点で重要になっています。プラークを放置しておくと、唾液中に含まれるリン酸イオンがプラークと結合することで石灰化し、歯石になってしまいます。

歯石予防に効果的な歯ブラシ・歯磨き粉の選び方

歯ブラシを購入するときは、ヘッドの小さいものを選ぶようにしましょう。小さいヘッドの方が口の中で動かしやすいですし、細かな場所も清掃できます。毛先は固めよりも柔らかいものを選ぶと良いでしょう。歯磨き粉は研磨剤が含まれていないものを選んでください。研磨剤で歯が削れ過ぎてしまう恐れがあります。

歯石予防の歯磨き

歯石予防の歯磨き
一度うちの歯科に歯磨きの仕方を見てもらい自分の磨き残しをチェックしましょう。自分が磨き残してしまう部位を把握することで、歯石がつかないように満遍なく磨くことができます。歯石を作らないためには、プラークを除去するのが第一で、歯ブラシだけではなく歯間ブラシやデンタルフロス、マウスウォッシュも併用することで効果的にプラークを除去できます。また、歯石は下の前歯の裏側につきやすいです。歯ブラシを縦にして小刻みに動かすことでプラークを除去しましょう。最初は慣れないと思うので鏡を見ながら磨いてみましょう。

うちの歯科で歯石除去!

歯石がついてしまったら自分でゴシゴシ磨くのではなく、うちの歯科に除去してもらいましょう。歯石は自宅で取るのが難しくそのままにしておくと歯周病の進行に大きく関わるので、できるだけ早期に取り除きましょう。歯石除去は一度すれば終わりというわけではなく、3か月に一度のペースを基準に通院をお願いすることが多いです。定期的に歯石除去や歯磨きの方法をチェックしてもらい、セルフケアを進んで行うようにしましょう。