知っておきたいホワイトニング後のアフターケア

歯のホワイトニングをすると、歯が白くなります。ただ、残念ながらこれは恒久的なものではなく、半年後くらいから色が戻ってくるといわれます。
しかし、お手入れ次第では、白さを長持ちさせることは可能です。ホワイトニング後に気をつけたい点は以下の通りです。

ホワイトニング後に避けるべき食品

ホワイトニング後に避けるべき食品
ホワイトニングをすると、歯の表面を覆っていたペリクルという膜がはがれた状態になります。このときはとくに、食べ物によっては歯に色素がしみこんで、着色しやすくなるといいます。
ホワイトニングをした直後は、以下の食べ物は避けましょう。
●ポリフェノールを多く含む食品
 赤ワイン、大豆、ぶどう、ココア、チョコレート、ブルーベリー
●お茶など
 コーヒー、紅茶、ウーロン茶、コーラ
●色の濃い食品
 カレー、しょうゆ、ケチャップ、ソース、ほうれん草
●その他着色料を使用した食品

ホワイトニング後におすすめの食品

ホワイトニング後におすすめなのは、白かったり、色が薄かったりする食品です。
ご飯、パン、ジャガイモ・里芋などのイモ類(塩で調理)、ヨーグルト、チーズ、牛乳、クリームソースのパスタ、グラタンなど。

ホワイトニング後は定期的なクリーニングでさらにピカピカに

定期的なクリーニング
歯医者で「オフィスホワイトニング」を受けた方であれば、自宅で「ホームホワイトニング」を継続することで、さらに白さを保つことができます。
加えて、ホワイトニング後は、3~4カ月に1度程度、うちの歯科クリニックでの歯のクリーニングをおすすめします。
審美歯科でのホワイトニングは美容目的と判断されるので、健康保険の適用範囲外となりますが、歯石除去を含む歯のクリーニングは保険適用となります。費用負担は少なくて済むのがメリットです。歯のクリーニングは見た目を美しくするという目的以上に、歯にたまった歯垢や歯石をとることで、歯周病などの病気を予防する効果があるからです。
さらに歯をきれいに保ちたいという方には、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning=プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)がおすすめです。歯科医や歯科衛生士による専門器具を使ったクリーニングで、毎日の歯磨きでは落としきれなかった汚れをピカピカにすることができます。
たばこを吸う方はとくに、ヤニで歯が黄ばんでしまいますが、こうしたヤニ汚れを取り除く効果もあります。
PMTCのクリーニングは気持ちがよい範囲で行っていきますので、歯石除去などで痛い思いをする心配もありません。
せっかくホワイトニングで美しい歯を手に入れたのですから、その後のお手入れも怠らないようにしましょう。