ブログ

PMTCについて

こんにちは。歯科衛生士の山口です。

だいぶ春らしくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は花粉症がひどく、毎日くしゃみと目の痒さと戦っております😢

 

さて、今回は「PMTC」についてお話させていただきます。

「PMTC」とは専門家(歯科医師・歯科衛生士)による機械的なクリーニングのことを言います。

プロならではの歯のクリーニングを行うことで、

普段の歯磨きでは取り切れない頑固な歯の汚れを取り除きます。

例えば、掃除の業者さんにレンジ周りやバスルーム、洗面台などのお掃除を頼むと

自分で行うよりもピカピカに汚れが取れ、自分では取れない隅の方まできれいにしてくれます。

それと同様なものだと思ってください。

 

「PMTC」を行う効果としては・・・

①虫歯や歯周病の予防

 普段の歯磨きによるブラッシングでは全体の6割、

 歯と歯の間のお掃除道具(歯間ブラシやデンタルフロス)を使用しても

 1~2割程度は歯垢(プラーク)が残ってしまいます。

 ブラッシングでは取り切れない歯垢や細菌を取り除くことができます。

 

②歯周病の進行抑制

 歯周ポケットが4mm以上ある箇所の部分は、ハブラシの到達は難しいです。

 その部分にプラークが残ったまま放置すると、歯周ポケットがより深くなり

 歯周病が進行し、最終的には歯が動揺したり、抜歯に至るケースが多くあります。

 その部分も含め口の中全体をクリーニングすることにより、歯周病の進行を防ぎます。

 

③初期虫歯の進行抑制

 初期虫歯はすぐに削らずにできるだけ経過観察をしています。

 定期的にPMTCを行い虫歯のリスクが高いところをクリーニングすることにより

 歯垢が付着するのを防ぐことで、ご自身の歯をできるだけ削らずに済みます。

 

④歯が美しくなる

 たばこのヤニやコーヒー、お茶などの着色で歯が汚れていませんか?

 PMTCを行うことにより、光沢のある綺麗な歯を取り戻すことができます。

 口臭予防にもつながります。

 

⑤インプラントの長持ち

 インプラントは人工物のため、天然の歯より抵抗力が弱く、細菌が感染してしまうと

 歯周病と同様に骨と結合している部分が破壊されてしまいます。

 これをインプラント歯周炎と言います。

 インプラントを長く使用したい方は定期的にインプラントの周囲も含め

 きれいにしておく必要があります。

 

虫歯や歯周病予防には皆様のお家でのブラッシングはとても大切です。

ですが、どうしても取り残してしまう汚れは発生してしまいます。

そんな汚れを定期的な「PMTC」を行うことにより取り除き、

皆様のお口の中を健康に保ち、長持ちさせるお手伝いをさせていただければ嬉しいです♡

 

 

歯周病菌は移るのでしょうか?

昨年12月末よりうちの歯科クリニックにて週2~3回勤務しております

歯科衛生士の山口と申します。

うちの歯科クリニックに通院してくださっている皆様にいままで以上に 安心し、

リラックスした治療や予防を受けていただけるよう 常に誠実さと丁寧さを心がけてまいります。

歯周病治療が得意ですが、お子様も大好きです(^^♪

どうぞよろしくお願いいたします。

 

では、本題に・・・ 歯周病菌は移るのでしょうか?

歯周病は歯垢(プラーク)の中に存在している「歯周病菌」の感染によって起こります。

歯周病菌も含め細菌は唾液を介して他人に移るので、

歯周病になっている人と キスをしたり、食器などを共有すると感染する可能性はあります。

しかし、細菌が感染したからといって必ず発症するわけではないのです。

 

歯周病菌の感染力は強くありません。

抵抗力があれば歯周病の方とキスをしても発症することはありません。

ですが、抵抗力が落ちているときは要注意です!

例えば、体調不良(病気)や睡眠不足、ストレスなどがあげられます。

ご自分の免疫力が低下すると細菌に勝つ力が低下し、細菌が優勢になってしまいます。

そんな時は感染し、発症しやすいといえます。

 

ですが、愛するパートナーや家族に感染させない、

もしくは感染しないように したいものですよね✌

 

それには定期的に歯科医院へ訪問し、虫歯になっていないか、歯周病になっていないか、

もしくは歯周病が進行していないかをチェックしてもらう必要があります。

また、歯垢(プラーク)は上手に歯磨きできる方でも、

3か月ほどでお口の中に溜まり始めます。

 

ですので、お口の中のクリーニングのためにうちの歯科クリニックへお越しくださいませ。

また、歯垢(プラーク)が付着しにくいように

専門家である歯科衛生士によるPMTCを受けていただければ幸いです。

 

 

次回は歯科衛生士による「PMTC」について詳しくお話させていただきます。