インプラント インプラントは第2の永久歯。 失った歯を取り戻し、自分自身の歯で噛める悦びを!

無痛治療

患者様の痛みの軽減を第一に考えています

うちの歯科クリニックは、患者様の痛みの軽減を第一に考えています。
痛みが予想される治療を行う際は事前に十分な麻酔をさせていただき、出来る限り痛みを感じることがないようにさせていただいております。また麻酔を行う際にも痛くないような工夫を行っていますので、安心して治療を受けていただけます。

歯科麻酔専門医による安心で安全な診療が受けられます

歯科医師(歯科麻酔担当) 弘兼 素子
皆様は歯科麻酔科をご存知ですか。歯科麻酔科とは、お身体にご病気をお持ちの方や歯科治療に強い恐怖心をもつ方、器具が入ると強くえずいてしまって治療が難しい方など、一般の歯科では治療が困難な方のお手伝いをするところです。
血圧や脈拍など身体の状態を常に管理しながらの治療や、お薬を使用して強い不安や緊張、えずきなどを取り除く静脈内鎮静法を行いながらの治療が可能となります。

麻酔が痛くないための3つのポイント

麻酔針の刺入速度
麻酔液の注入速度
麻酔液の注入温度

麻酔

麻酔
表面麻酔剤
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ、注射針を刺す痛みを減らします。

針・注射器

針・注射器
電動の麻酔注射器
電動注射器を使用すると 従来より細い針が使え、刺した時の痛みがおさえられます。注入時の圧力が一定で、 手ぶれもなく、ゆっくりと痛くないように麻酔ができます。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法
治療のための麻酔ではなく、治療時に患者さんの心を落ち着かせ、不安や緊張を和らげる麻酔方法です。腕に点滴をしながら鎮静剤を投与することで、少しぼーっとした眠くなる状態を作る方法です。
笑気吸入よりも眠気を感じるような状態になりますが、全身麻酔とは違って、意識が完全に無くなる事はありません。治療後にゆっくり体を休めることによって意識は徐々に明瞭に戻りますのでご安心ください。