インプラント インプラントは第2の永久歯。 失った歯を取り戻し、自分自身の歯で噛める悦びを!

インプラント治療の流れ

うちの歯科クリニックで行う基本的なインプラント治療の流れをご紹介いたします。

インプラント治療の流れ

Step1. 基本検査とカウンセリング

インプラント治療において、カウンセリングはとても大切なステップです。
まずは基本検査のデータをもとに、さまざまなインプラント治療の方法についてご説明させて頂きます。
また、患者様のご要望をしっかりとお聞きしたうえで、患者様一人ひとりに最適なインプラント治療法をご提案させていただきます。

次へ

Step2. CT撮影

CT撮影
インプラント治療受けられる患者さまには、CT撮影をお願いすることがあります。
患者様のご都合の良い日時をお聞きした上で、提携医療機関にてCT撮影の予約を行います。
次へ

Step3. 治療計画とシミュレーション

■治療計画のプランニング
基本検査の結果やレントゲン写真、CT画像により、どの部分にどのようなインプラント治療が必要かを診断し、治療の計画を立てます。インプラントが必要な部位以外の治療も必要な場合はお口全体での治療計画を立て、治療の進め方、費用等についての説明をします。

■シミュレーション
従来、歯ぐきを外科的に切開してからでないと見えなかった顎の骨の詳細な状況を、手術前にコンピュータで分析し様々な角度からリアルに再現することで、正確な術前シミュレーションができるようになりました。大阪市平野区のうちの歯科クリニックでは、次の様なさまざまな症状や患者様のご要望に合わせた治療シュミレーションが可能です。

◇単独歯欠損の場合
◇複数歯欠損の場合
◇無歯顎の(すべての歯を失った)場合

最新の歯科医療によって3次元分析などを行い、歯ぐき内部や骨状態の詳細(骨量や骨密度)までを完全に把握することで、今まで以上に患者様にとって安全で確実なインプラント治療を行なうことが可能です。
また患者様もご自身の顎の状態を、モニター上の画像でご覧いただけますので、治療計画を大変容易にご理解できます。

次へ

Step4. インプラント埋入手術

インプラントの人工歯根(フィクスチャー)を顎の骨に埋め込みます。
手術方法は、一回法と二回法の二種類があります。 どちらを選択するかはお口の中の状態によってより良い方法を選択することになりますが、一般的には二回法が主流となっています。

[二回法によるインプラント埋入手術の詳細は下の動画をご覧下さい ]

次へ

Step5. 治癒期間

治癒期間
埋入したインプラントが骨と結合、定着するまでは安静期間が必要です。
二回法では、麻酔をしてから粘膜を切り、その下の骨にインプラントを埋め込んだ後、一旦粘膜を閉じます。
虫歯治療のように局部麻酔を行うため、手術中は少し振動を感じる程度で、痛みはなく処置することができます。
骨の状態や治療部位によって異なりますが、1ヶ月半から6ヶ月ほど待つことになります。なお、この期間中は仮歯を入れることができるので、日常生活には支障がありません。
次へ

Step6. アバットメントの装着

アバットメントの装着
埋入したインプラントが骨と結合し定着したら再び歯ぐきを切開して、人口の歯(=上部構造)の支台となるインプラントの部分(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
次へ

Step7. 上部構造(クラウン)の装着

上部構造(クラウン)の装着

二回法の場合は、STEP6のように簡単な外科手術で歯肉を切開して、アバットメントを連結し歯の土台を作ってから上部構造を制作し、装着します。
(一回法の場合は、 骨との結合が確認され次第、上部構造の制作を開始します。)

仮歯を作り形態や装着感を確認し、噛み合わせの違和感、歯並びや色など、綿密にチェックをしながら、本歯を作成して取り付けます。

次へ

Step8. メンテナンス

メンテナンス
インプラント治療終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が必要です。
うちの歯科クリニックでは三ヶ月に一回のペースでメンテナンスを行うことをお奨めしております。
もちろん、インプラントの部分だけではなく、他の歯についても専門的な予防処置と検査を行い、お口全体の健康状態を維持できるよにサポートいたします。