歯と歯の間について

歯科衛生士の伊藤です。

食べ物がおいしく感じられる季節になってきましたね。

今日は美味しいものを食べた後の歯磨きについてお伝えしたいと思います。

お仕事中によく思う事があります。

…歯ブラシで磨く所はきれいなんだけど、歯と歯の間にプラークや汚れが残っていらっしゃるなぁ…

そうなんです。

残念ながら歯ブラシだけではお口の中はきれいにする事はとても難しいのです。

そして、歯周病や虫歯も歯と歯の間から発症する事があります。

ということは歯と歯の間を日頃から綺麗にしておくだけで、そのリスクも減少すると思います。

歯と歯の間は

すき間の狭い方はデンタルフロスを。

すき間が広い方は歯間ブラシを使用して清掃します。

歯間ブラシにはサイズが5〜6種類あります。

間違ったサイズを使い続けると、逆に歯ぐきを傷付けてしまう事もあります。

あなたにあったサイズや清掃方法をお伝えさせていただきますので是非、うちの歯科へお越しください。

朝晩とお昼間の気温差が大きく、体調を崩しやすいと思います。

どうぞ、お身体お大事になさってくださいね。