矯正歯科が指導する矯正中の歯磨きの仕方

矯正中は、ある程度の期間は歯に装置をつけておかなければなりません。取り外しができるものもありますが、それでも数時間は取り付けておかなければ矯正の効果はなくなってしまいます。そのため、いつも以上に気をつけてセルフケアを行う必要があります。矯正中の歯磨きのポイントについてうちの歯科と一緒に見てみましょう。

矯正中の歯磨きの仕方

矯正中の歯磨きの仕方
矯正装置をつけている口内は、食べカスが詰まりやすくなっています。普段の歯磨きと同じように行っていると、磨き残しが多くなり虫歯や歯周病になりやすくなってしまうのです。磨き残しをなくすためには、磨く順番を決めていつも同じように歯ブラシを動かしていくようにすると良いでしょう。
特に以下のようなポイントに気をつけましょう。

■ブラケットの周り
ブラケット(矯正装置)の上下の間に溜まっている汚れを落とすように、歯に対して斜め45度に歯ブラシをあて、一気に歯全体を磨くのではなく、上下にわけて磨く

■歯と歯の間
ブラケットの奥にある歯と歯の間を磨くため、歯ブラシを縦にあてる
歯間ブラシやワンタフトブラシ、デンタルフロスも併用して歯と歯の間の汚れを取り除く

■歯と歯茎の間
歯ブラシが歯と歯茎の間にあたるように斜め45度に傾けて、小刻みに動かす

矯正歯科でおすすめする歯ブラシの選び方

矯正装置の状態に適した歯ブラシを使って歯磨きを行うと効率よく磨くことが出来ます。では、どのような歯ブラシを選べばよいのでしょうか?

■歯の表側に矯正装置が付いている場合
毛先の細かい矯正用の歯ブラシを使って、歯と装置の間の汚れを落とすように磨く
矯正用の歯ブラシでも届かない場合は、ワンタフトブラシを使用して歯と歯の間やブラケットと歯の隙間を磨く

■歯の裏側に矯正装置が付いている場合
ワンタフトブラシを使って、一箇所ずつ丁寧に磨く

丁寧な歯磨きを心がける

丁寧な歯磨きを心がける
矯正中に注意することは歯磨きだけではありません。矯正装置が変形してしまったり壊れてしまうことを防ぐために、硬いおせんべいなどはひかえた方が良いでしょう。他にも、ガムやキャラメルなどのくっつきやすいものの控えた方が良いでしょう。
矯正装置の状態や口内の状態が人それぞれであるように、歯磨きの最適な方法もそれぞれ違ってきます。歯磨きの仕方は、定期検診の際などに歯医者さんが指導してくれるでしょうから、自宅でも同じ磨き方を続けるようにしましょう。
朝やお昼は時間をとってきちんと歯磨きをすることが難しいかもしれません。一日一回でも丁寧に時間をかけて歯磨きをするように心がけましょう。