ブログ

*前歯の被せ物について*~保険編~

こんにちは!

うちの歯科クリニックで受付をさせて頂いてる瀧野です😊

最近雨も続いてますがもうすぐ秋ですね🎃🍁

今よりもう少し涼しくなってくれると嬉しいんですが😥

さて、今回は前装冠(前歯の被せ物)についてお話させて頂きます。

被せ物にも保険の物と保険外の物とありますが、今回は保険の被せ物についてお話させて頂きます。

まず被せ物と言っても一般的には‘ さし歯 ’と呼ばれますがさし歯とはむし歯や外傷によって歯の大部分が失われたときに適用となる人工の歯です。歯根に対して心棒(ポスト)を差し込む形であるためそう呼ばれ、外観に触れる人工歯と歯根に差し込まれる心棒が一体になっています。

冠(クラウン)は、歯全体を覆うようにかぶせる人工の歯です。神経をとった歯や歯質の欠損が大きい場合には、さし歯で治療できますが、歯を削る量が多くなるので、最近は、コアと呼ばれる土台を入れてから、コアに対して冠をかぶせるのが一般的です。 コアに使用される材料には金属とプラスチック(レジンコア)とがあり、いずれも保険適用です。

保険の前装冠の作りは金属冠の、前から見える部分にプラスチックを貼りつけて作ります。 プラスチックは、多孔性で水分・唾液を吸収しますので、変色をおこしやすい欠点があります。ただ何より保険の被せ物は保険外の物と比べ格段と費用はお安くなります。なので比較的取り入れやすいのもメリットですし、将来的に保険外を入れたいけどお金が貯まるまで保険の被せ物で!なんてのも良いかと思われます😊

また近々保険外の被せ物についてもご説明させて頂きます*