ブログ

Happy Whitedays!

皆さんこんにちは( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
アシスタントの中野です☺️
桜も満開で、暖かな気候も続きましたが皆さんお花見には行かれましたか?
私は休日にお花見に行きました(*^^*)
どこも外国人観光客でいっぱいで、びっくりですよね!
桜は、海外では見れない日本の魅力的な風景ですもんね!
桜の一瞬しか見れない儚い美しさがいいですね😊🍀

さて、先月のお話になりますが、
バレンタインデーのお返しに先生方と業者さん方からホワイトデーのお菓子を頂きました!
スタッフルームは、お菓子の山でたくさんになりましたが、すぐになくなってしまいました笑
とても可愛いくて美味しいお菓子ありがとうございました☺️

スタッフ皆で美味しく頂きました!

これからも気温差が激しくなると思いますが、
皆さん体調を崩さないよう気をつけてくださいね🍀

次回の配信をお楽しみに(*^^*)♪

歯はどうして着色するの??

みなさんこんにちは!
うちの歯科クリニックの歯科衛生士 辻野です!
桜も少しずつ咲いてきましたね🌸
みなさんはお花見行かれますか?わたしは来週ぐらいに行きたいなと思っています😊

今日は歯の着色についてお話しします!
歯の着色には、原因がたくさんあります。

1つ目は、加齢による歯の変色(黄ばみ)です。
歯の表面は半透明のエナメル質に覆われていますが、そのエナメル質が加齢とともにだんだん薄くなり、内部の象牙質が厚くなるからです。この象牙質が個人差はありますが、黄色っぽいので、年を重ねると、だんだん歯が黄色く見えます。

2つ目は、外部からの着色です。
歯の表面のエナメル質は、ペリクルという薄い膜で覆われています。この膜に、紅茶、緑茶、コーヒーに含まれるポリフェノールやタンニン、タバコのヤニなどが付着してステイン(着色汚れ)になります。
ステイン(着色汚れ)の原因となる色素やタバコのヤニなどは、日々の生活の中で少しずつ蓄積されていきます。
特にタバコのヤニの成分であるニコチンやタールは褐色に変化する上、唾液中のカルシウムなどと結びついて歯に沈着し、黄ばみやくすみにつながります。
しかし、沈着するまでには何日かかかるので、毎日正しい歯磨きをしていれば、黄ばみやくすみを防ぐことができます。また、ステイン除去に効果的な歯磨き粉を使用することで着色を減らすこともできます。

3つ目は、あまり知られていないことですが、抗生物質のテトラサイクリンというお薬の副作用で歯の変色を起こすことが報告されています。

ご自宅の歯磨きでは、とることが難しい着色汚れも歯科医院ではとることができます!
少しでも気になった方は、いつでもお気軽にご相談ください😊😊

入れ歯のお手入れ方法☆*°

こんにちは😊
うちの歯科クリニックの受付瀧野と申します!
最近やっと外の気温も暖かくなってきて春に近づいてきましたね☀
さっそくですが今日は入れ歯のお手入れ方法についてお話させていただきます。

まず入れ歯というのは歯と同じように食べかすやプラーク(歯垢)がつきます。毎日のお手入れで清潔にしておくことが大切です。
入れ歯のお手入れが不十分の場合に起こるトラブル
・口臭が発生しやすくなります。
・口内炎の原因になります。
・入れ歯に色素や歯石が沈着しやすくなります。
部分入れ歯の場合、クラスプなどがかかっている歯がむし歯や歯周病になりやすくなります。
これらのトラブルを防ぐためにも、入れ歯と口のお手入れを行うことが大切です。

毎食後のお手入れ方法☆*°

1.洗面器などに水を張る
落として破損したり排水口に流したりしないようにします
2.入れ歯を外して流水下で清掃します
義歯用ブラシを使用しましょう。
小さな入れ歯でも必ず外してから手の平にのせて洗面器の上でみがきましょう。
ゴシゴシと力を入れすぎないようにしましょう。
特に歯肉などに接する内面をみがきすぎると、すき間ができてしまいます。
汚れが残りやすい部分(クラスプなど)は丁寧にみがきましょう。
基本的に水洗いで大丈夫なんですが、臭いが気になる場合食器用洗剤などで洗って頂いても大丈夫です😊👌🏻
義歯用のブラシは市販の歯ブラシなどで問題ないですが普段使って頂いてる歯ブラシとは使い分けて頂くようお願い致します😌(歯磨き粉に研磨材が入ってる為同じ歯ブラシで磨くと傷になります)
当院でも義歯用のブラシを販売させて頂いておりますので是非お声掛け下さい😊✨

入れ歯ケアの大切さ

こんにちわ!😊
歯科助手の西川です🙈
少しずつ春が近づいてまいりましたね!
花粉で悩む季節でもありますが
綺麗な桜が待ち遠しいですね❤️
まだ肌寒い日もあるので
皆さん暖かくして下さいね!

さて、今回は
入れ歯ケアの大切さ
についてお話したいと思います!

入れ歯の清掃の必要性
入れ歯にも歯と同じように食べかすやプラーク(歯垢)がつきます。毎日のお手入れで清潔にしておくことが大切です。
入れ歯のお手入れが不十分の場合に起こるトラブル
* 口臭が発生しやすくなります。
* 口内炎の原因になります。
* 入れ歯に色素や歯石が沈着しやすくなります。
* 部分入れ歯の場合、クラスプなどがかかっている歯がむし歯や歯周病になりやすくなります。
これらのトラブルを防ぐためにも、入れ歯と口のお手入れを行うことが大切です。